top of page
ミニマルなインテリアデザイン

会社概要
Q&A

こんにちは、副所長の谷です!

本日は宮本さんにROKUの設立や運営に関して考えていること、求職者様が気になりそうな点などを質問させていただきたいと思います。よろしくお願いします。

谷さん、よろしくお願いします!

Q.では最初に、ROKU訪問看護ステーションはどのような思いで設立しようと思われたのか教えて欲しいです!

がん末期や難病等、医療介入度の高い方

がおられますよね。

この方達は医療が必要でご入院されている事が多いと思います。

ただ、その方達の中には入院治療ではなく、ご自宅で医療を希望されている方達もたくさん居られます。

その方達がご自宅で安心して過ごしていただくためには、地域の先生による訪問診療や、専門知識を習得した看護師が

24時間365日サポートできる体制を構築していく必要があります。

医療を必要としている方に

お盆も正月も関係ないですからね。

ROKUがあるから安心して自宅に帰ることができると言ってもらえるように

医療レベルは高い、

地域に根差した訪問看護ステーションを作りたいと思ったのがきっかけです。

24時間、365日いつでも駆けつけてくれる。

利用者様にとって、とても心強いですよね。

Q.浪速区以外の地区に訪問看護を広げていく予定はありますか?

 

訪問看護ステーションの中には、

サテライト(出張所)を置いたり、全国展開を目指していたりとたくさんの訪問看護ステーションがありますよね。

その中でROKUではあえて浪速区に絞り、

各地域に大きく展開しないように決めています。

「質の高い医療を提供し、

自宅で安心した生活をおくっていただく」

どこの訪問看護も掲げている

一見当たり前のようなことですが、

ただ、これを実現するのはすごく難しくて、

その為にどうすれば良いか日々

試行錯誤を繰り返しているわけです。

私達は訪問看護の質を高め、良い医療を届けるという責務があり、広く事業展開すると

私は医療の質が著しく低下し、自分達が目指している看護を実現するのは不可能ではないかと考えています。

訪問看護では全く同じ利用者さんはおらず、

関わる看護師も違い、

千差万別でパターン化できないんです。

牛丼チェーンのように、

決まったオペレーションをしておけば

誰でも美味しい牛丼を提供できるってのとは違うんですよね。

社内における理念の浸透、

ガバナンス、教育、知識技能の担保、看護観の共有等・・・

あらゆる問題をクリアする必要があって、

一朝一夕にできることじゃないんですよ。

私はROKUの代表取締役ですが、

現場の管理者(看護師長)として指揮する立場でもあります。

​看護師経営者だからこそ、

質の高い医療を目指すことは絶対に譲れない、そんな気持ちが強いです。

私達はできる限り訪問範囲を

浪速区の利用者様に絞り、

​地域に愛されている唯一無二の定食屋さんのようになりたいですね。

なるほど!

地域の定食屋さんって、いいですね。

アットホームな安心する雰囲気でいて、味は最高においしい・・・

浪速区の訪問看護といえば、“ROKU“と言ってもらえるような、訪問看護ステーションを目指していきたいですね。

Q.ROKU訪問看護ステーションのスタッフにはどのようなスタッフがいますか?また在籍しているスタッフの年齢なども教えてください。

年齢は23歳から37歳までの看護師が6名在籍してて、平均年齢は30歳です。

男性看護師は私を入れて3名居てるので

男女の割合は半々ですね。

経験年数は3年目から20年まで居てて、

救急科、手術室、内科、外科病棟、訪問看護等で経験を積んだ看護師が在籍しています。

ホームページの動画を見てもらうと

よくわかりますが、明るく才色兼備なスタッフが揃っています(笑)

看護に前向きに取り組んでて、

最近では在宅看取りプログラムの研修を受けたり、在宅看護指導士の免許取得に向けて

みんなで自己研鑽に励んでいます。

クリニカルラダー、プリセプター制度を採用しており、教育体制に力を入れています。

看護師経験の浅いスタッフもすくすくと育っていますよ。

在宅ならではの研修制度が充実しているのは、キャリアを積んでいきたいという看護師にとってもありがたいですよね。

Q.では、宮本社長が代表としてROKU訪問看護ステーションをまとめるにあたり心がけていることはありますか?

職員には、元気に明るく利用者様と関わってほしいと考えています。そのためには、私自身が明るい雰囲気を作り出すことで、職場の風土をより良くし、スタッフ全員が心地よく過ごせる雰囲気づくりを心がけています。

1人の利用者様には看護目標がありますが、達成するためには、病状の把握から細かな技術等においても共有し、統一性を持たせることが重要になってきます。

日々、スタッフ一人ひとりから情報収集をするとともに、ケースカンファレンスを定期的に行い、看護の質の向上に努めています。

​私一人では到底まとめ上げれないので、

スタッフみんなに役割を担ってもらい、相互でより良い会社づくりができればと考えています。

スタッフみんなが役割を持ち、会社で活躍できるのは、スタッフの自信につながりますよね。

Q.では、宮本さんが考える訪問看護とは何かを教えてください。

​看護師は、不足しているということもあり、引くてあまたで、離職率は非常に高い職種です。

自社で訪問看護師として学びながら、長期間勤務してもらうことで、良い在宅医療を届けることにも繋がると思っています。

私ができることは他の訪問看護ステーションや病院等と比べた時に、見劣りして転職を考えてしまうことがないように、学べる環境、人間関係、給料、休日、福利厚生等を整え、いい環境で働き続けることができるような基盤づくりをすることだと考えています。​

福利厚生や学べる場が整っているのは、看護師の職場選び​、また初めて訪問看護で働きたい!と思っている方にとってはありがたいです。

Q.では、ROKUの名前の由来を教えていただけますか?

​”ROKU”は長寿の象徴である、亀の甲羅の六角形の六から取っています。浪速区で健康で末永く、皆さまとともに歩みたいという思いから、ROKUという名前を決めました。

今どきの名前なのかなとおもっていたら、そんな素敵な意味が込められていたのですね。

また質問させていただきたいと思います。

ありがとうございました!

​ありがとうございました。

ROKUは、2023年1月にOPENした浪速区の訪問看護ステーションです。

​「自宅で暮らしたい」望む、すべての人が安心した生活を送れるように、看護を通して実現していきます。

「自分の大切な家族もROKUで看たい!と思えるような看護を」とモットーに、

スタッフ一丸となって日々取り組んでいます。

浪速区の利用者様にとって拠り所となるような訪問看護ステーションを目指しています。

利用者様やご家族、そして看護スタッフ自身も健康で幸福な日々が送れるような会社づくりに努めてまいります。

会社名:株式会社UGATSU

事業所名:ROKU訪問看護ステーション

事業所番号:2764390403

代表者名:宮本 真一郎

設立年月日:2022年6月30日

事業内容:訪問看護

所在地:大阪府大阪市浪速区大国2丁目1-22ニューステップ201号

​お問い合わせ:TEL 06‐6643-9926

       FAX 06-6643-9927

       mail 6.ugatsu@gmail.com

bottom of page