top of page

ROKU

​ROKUの
看護

プロフェッショナルとしての誇りと自覚

​寄り添い
​温かいケア

​連携力

​自己研鑽

スタッフ自身が健康で幸福であること

Sphere on Spiral Stairs

​寄り添い
​温かいケア

利用者様に寄り添った
温かいケア

最期まで、その人らしくあり続けるためには、

健康であること、また苦痛が緩和されることが

重要です。

​私達は、必要な情報を共有したうえで、一人ひとりの価値観を尊重し、意思決定を支援します。

​プロフェッショナルとしての誇りと自覚

プロフェッショナルとしての
​誇りと自覚

​全ての看護実践には、専門家として責任が問われます。​私たちは専門職としての能力と責任を自覚し、安全で質の高い看護を提供します。

​自己研鑽に努める

​より安全で、より質の高い看護を提供していくためには、研鑽を怠らない努力が必要です。

おごりと慢心に陥らないように、継続して学び、看護職としての能力の維持と向上に努めていきます。

​自己研鑽

​関係者との連携

​連携

​理想的な看護は、医療関係者やご家族さま、地域コミュニティーの連携で成り立っています。安全で質の高い​看護を提供するためにも、迅速かつ緊密な情報共有を心掛け、利用者様を支えます。

​スタッフの健康と幸福

​健康とは、自分自身をを身体的・精神的・社会的な存在ととらえ幸福であろうとすることです。

そのためには身体的な健やかさ、誠実さ、礼節、品性、清潔さ、謙虚さといった品位を高く保つ努力が必要です。利用者様に健康で幸福な人生を送っていただくためには、看護職自身も健康で幸福であることが重要だと考えています。

スタッフ自身が健康で幸福であること

bottom of page